お知らせ‎ > ‎

全日本新人選手権大会を終えて

2015/10/31 19:45 に Web広報 岡山大学漕艇部 が投稿

先日行われました、第56回全日本新人選手権大会に出漕した2回生の今保、中田、堀田より大会を振り返ってのコメントを預かっておりますので、以下に掲載いたします。

 

◆今保(1×)

「初めて1×で2000mレースをしました。結果は予想できていましたが、負けて悔しかったです。勝てる選手になれるよう練習に励みたいです。」

 

◆中田(2×)

「今大会では、予選の反省を活かして敗復に臨めたと思います。どちらも競ったレースとなり負けてしまったので、競り勝てるように体力面、精神面を鍛えていきたいです。」

 

◆堀田(2×)

「少ない練習期間でしたが、今できる漕ぎができたと思います。コンスタントで粘ることができたのでスタート、スパートで一つ前に出られるよう練習していきます。」

 

 

以上です。

 

なお、今保、中田、堀田の三人は加古川レガッタにも同じ編成で出漕いたします。

今大会での経験を活かし、さらなる成長を遂げるために練習に励んでおりますので、今後とも変わらぬご声援のほどよろしくお願いいたします。

 

外務広報担当 三渡寛士

Comments